怒られる男の日記

いつも怒られてばかりいる男の記録です

【マンガ感想】C.M.B.森羅博物館の事件目録(38)/加藤 元浩

昨日の予告どおり、Q.E.D.iffと同時発売の C.M.B感想。

知の象徴であるC・M・B三つの指輪を受け継ぐ少年・榊森羅が、様々な事件の謎を解決していく。

 

 

 一本目は「目撃証言」。恋人と口論の末ナイフで傷つけたかどで7年の懲役を求刑され、結局4年間服役することとなった男。しかし、彼は自分は無実の罪で投獄されていたと主張する。自分の無実を証明する証人の存在を知らされた彼は、その証人を探す。そして、3年の月日が経過した…。

 

これ、オチはなんとなくわかってしまうけど、結構好き。なかなか皮肉が利いているというか、人間信じたいものを信じるのだという話は頷けるものがある。まあ、途中で気づけよってのはあるが…。というか、気づいていないふりをしてただけか。

 

そして、前中後編の3部構成で描かれる大作、「光の巨人」。13世紀アイスランドに生きた一人の人物と、現代日本に暮らす少年のエピソードを交互に描きながら、聖杯伝説の謎に迫っていく壮大なドラマだ。

 

現代パートがとってつけたような感じで非常に薄く、アイスランドパートが描きたかったんだろうな、というのをひしひしと感じる。それだけに力が入っていて、当時の社会情勢や世界観などを織り込みながら、軽いタッチながらなかなかに濃い描写が印象的。

 

ただ、ミステリとして考えたときどうか?C.M.B.ならではの歴史ネタもよいんだけど、まず第一には謎解きものとしての面を重視している自分にとっては、いささか物足りないのも事実。一番心に残ったのは、冒険、ロマンと言えば聞こえはいいけど、残された家族にとってはいい迷惑以外の何物でもないのだなあ、ということであった。

 

 

 

 

【マンガ感想】Q.E.D.iff -証明終了-(10)/加藤 元浩

 本当に面白いミステリーコミック、Q.E.D.iffの10巻を読んだ。無印から数えて計60巻、いまだにハイクオリティな作品を生み出し続ける加藤さんには恐れ入る。

Q.E.D.iff -証明終了-(10) (講談社コミックス月刊マガジン)
 

 1本目「アウトローズ」は、豪華客船内で行われる1億ドルをかけた大勝負に、燈馬くんと水原さんが挑むという話。ライバルは、それぞれ一癖ある得意技を持った5組の悪党たち。それぞれが一本もったカギをすべて集めたものが勝者になるというが…。

 

Q.E.D.にはこういう大きな仕掛けも似合う。これまで身近なものから国際的なものまで様々な事件を解決してきた燈馬くんと水原さんコンビは、もはやどんな場にもなじんでしまうほどの存在感がある。

 

といっても、もちろんこの二人がガチで1億ドル目当てで参加したはずもなく、そこにはとある富豪の思惑が関わっていた。海千山千の参加者を出し抜き、主催者の思惑すらも超えて導き出された証明とは。

 

いろいろな思惑で動く参加者を冷静に観察し、思い通りに操って見せる燈馬くんが相変わらず格好よすぎ。2重3重のどんでん返しも併せて大満足のエピソードだった。

 

ところで、途中で変装名人の参加者が、水原さんを装って燈馬くんのもとへやってくるシーンがあるんだけど、完全に水原さんを燈馬くんの恋人設定で来たので、ドキッとする場面が。この二人、はたから見たら付き合っている以外のなにものでもないのだけど、無印時代に一度、「まだ二人の関係には名前がついていない」というふわっとした理由でごまかした経緯がある。もう、いい加減、付き合ってるでいいんじゃないかなあと思ってしまう。

 

2本目「ダイイングメッセージ」は、とある島にあるリゾートホテルの廃墟を破壊しようとしたところ、柱の中から人骨が出てきた…という話。たまたま、積読を崩すためにこの島をおとずれていた燈馬くんは、積極的に自らトラブルに飛び込んでいく水原さんのせいで事件に巻き込まれる。

 

これも面白かった。被害者は誰?という謎でひっぱりつつ、過去にホテル建設にかかわった人物たちの関係を紐解いていく。これがまた全員がうさんくさく怪しいのである。燈馬くんが紐解いた結末は意外、というほどではなかったけれど、余韻を感じさせる名シーンになっていた。

 

今回も変わらず面白く、特に「アウトローズ」は舞台といい仕掛けといい最高だった。やはりQ.E.D.は最高峰のミステリコミックに間違いない。明日は姉妹編C.M.B.感想の予定です。

【アニメ感想】SAOオルタナティブ ガンゲイル・オンライン 第10話

前半はSHINC対PM4、シャーリーの一撃を挟んで後半はMMTM対PM4。今回も駆け足な展開だった。

 

SHINCのソフィーがわざと死んで向けの銃座となる場面はなかなかのインパクト。笑顔で死んでいるのがまたなんとも良い。でも、ソフィーがボスのに撃たれたのがわかりにくくなかったかな。自分はちょっとわかりにくいと感じた。

 

部活後にリアルで作戦会議しているシーンもよかった。実際の部活シーンって直接的な描写は原作でもほとんどなかった気がするので。そういえば、この場面では、シノンの名前が思い切りでていた。原作でも、シノンに話を聞いたという説明自体はあったけど、本家キャラの名前は出さない方向なのかなって思っていた。

 

そして中盤のシャーリーのシーン。ここは、もっと変貌するというか、人格が変わるくらいの強烈な落差を予想していたので、思ったよりもあっさり風味の印象。チームとしての回想から逃走シーンから狙撃まで全部やらないといけないから、じっくり描写する余裕がなかったんだろうなあ。SJ1とSJ2だと、原作で倍のボリュームがあるので、SJ2は全体的に時間が足りてないと感じることが多い。好きなキャラなんで、もっと見たかったなあ。

 

後半、MMTMがバンガロー?に突入したシーンもあわただしかった…。MMTMの室内戦闘がすごい!みたいな説明が酒場の観客から入るくだりも欲しかったなあ。PM4の覆面メンバーとのバトルはかなり見ごたえのある戦いだったんだけど、アニメみただけだと、PM4覆面メンバーはほぼ玉砕しただけみたいな感じに見えちゃったな。仕方のないことだけど、やっぱり前半と後半でそれぞれ1話欲しい内容だった。

 

最後のピトフーイ復活シーンは、まさに魔王復活って感じで迫力十分。一瞬で葬られていくMMTMメンバーの皆様には気の毒だけど、ここはえぐさもありいい感じだった。光剣で壁越しに目刺しされた人は一番かわいそう。ゲームがトラウマになりそうだ。

 

とにかく、全体的に忙しくて、ここはもっとじっくりと見たかった…という感想が大きい回だった。あと、ちょっと絵がね。荒れ気味だったのがな。一撃受けたピトさんが錯乱してエムが抱きかかえている場面、テンション振り切れているヤバさというよりも、表情とかが間が抜けてみえちゃって、酔っぱらいを介抱しているコメディシーンみたいだった。

 

まあ、次回はもうノンストップでラストバトルに突入していくはずなので、すべてにおいて充実した内容を期待して1週間待機しよう。

 

 

 

 

 

【ドラマ感想】あなたには帰る家がある 第10話

まだまだ茄子田先生のターン。そして秀明はダメ男を超えてもはや空気に。

 

今回は綾子の過去が明らかになった。昔から綾子は綾子、不倫体質だったということか。実家からの疎まれぶりもうなづける話。まあ、一番問題は妻の妹に手を出してるお兄さんのほうだが…。

 

茄子田先生はそれを承知で綾子と結婚し、彼なりの不器用な方法で綾子と息子を守ろうとしていたようだ。それがどうしてあの昭和風亭主関白になってしまうかはよくわからないけど。とにかく、全編にわたって茄子田太郎劇場。脱輪した車をすかさず助けに向かい、よその娘さんを連れまわした息子を叱り、実の父親に息子を堂々と紹介し、ぶっきらぼうながら思いの伝わる言葉で綾子への思いを語り、そして最後は涙。ユースケさんの演技、凄すぎますって…(涙)。

 

実際、今回は涙腺が緩みまくって大変だった。正直、茄子田先生に自分を重ねまくってしまった。

 

最初の泣きポイントは、息子に、父と母の好きなほうを選べと告げて去るシーン。綾子と、彼女が生んだ子供をあれだけ愛していた彼が、離婚届をわたし、自由になれと告げるにはどれだけの思いが必要だっだか。うちにも、妻だけ記入済みの離婚届が2枚置いてある。わかるよ、先生…。

 

そして、飲んでくるといって立ち去る背中に、息子が「父さんと一緒に暮らす」と声をかける。その時の表情たるや。嬉しさと安ど、誇らしさとで一瞬ゆがんだポーカーフェイスが、彼の心情を100%物語っていた。

 

それから、綾子への思いを語るシーン。自分はもてない男だ。そんな男のところに綾子が来てくれた、愛していた、守りたかった、幸せにしたかった。どうしてこんなことになってしまったんだろう、わからない、わからない、わからない。でも愛してた。

 

こんなん、泣きますよ。そりゃあ。茄子田先生…。

 

それにひきかえ秀明の空気ぶりよ。あそこまで引き立て役みたいになると、ちょっとかわいそうになってくる。特に脱輪カーを助けたくだり。ああいう場面で、「男らしい」行動をすることを求められるのって、普通の男にはちょっとしたプレッシャーなんだよな。

 

いよいよ次回最終回。どんな結末を迎えるか楽しみだ。

 

 

 

娘の言い間違いの話

子どもというのはいろいろと言い間違いや言葉の覚え違いをするもので、うちの娘もいろいろと面白い間違いをやってくれていた。

 

最近ではゲゲゲの鬼太郎を「ゲゲゲのげたろう」とか、〇〇家(野比家とか磯野家とか)を「〇〇けん」と言ってラーメン屋みたいになっていたりとか。

 

そういうのはいちいち訂正するんだけど、(訂正しても「ちがうよー」と否定されることもあり)夫婦で気に入っていて、暗黙の了解であえてなおさずに静観しているものがあった。

 

それは「つくえ」を「くつえ」との言い間違い。

 

「くつえ」ってなんかそこはかとなく響きがかわいい。それでいて、なんとなく伝わる。食事の支度を手伝ってもらったりすると、「お皿、くつえにおいといたよー」と誇らしげに教えてくれたりする。

 

先日、家族で買い物から帰宅する途中の車内で、娘が幼稚園の教室のことを一生懸命説明してくれていた。

 

「あのね、くつえがね、よこに3つあって、うしろにも3つあって、だからくつえが全部9こあって、『はん(班)』も9まであるんだよ!」

 

ひさびさの「くつえ」連発ににこにこしながら、「そっかーすごいねー」と相槌を打って聞いていた私だったが、ある瞬間娘が、ふと我に返ったみたいになった。

 

娘「で、くつえがね」

娘「くつえがね………ん?くつえ??」

娘「くつえって…変だよね?つくえだよね?」

 

私は、あー、ついに気が付いちゃったかー。ていうか、こんな風に唐突に直るんだなー。と思いながら、娘の幼児期が終わりつつある一つの象徴のような気がして、何とも言えない寂しさを感じていた。妻も、「そうだねー。…そっかー、とうとうこれもなくなっちゃったかー」と、少し湿ったような、泣き笑いのような声で言っていたので、多分同じ気持ちだったのだと思う。娘は、そんな私たちの様子に戸惑っていたけれど。

 

娘ももう年長さん。ずっとパパママと一緒の時間は、残り少ないんだよなあ…。

 

その日の夜。夕食をとっていたとき、サラダのレタスをもりもり食べている妻を見て、娘がいった。

 

「ママは、べたすが大好きなんだねえ」

 

その瞬間、私と妻が(まだこれがあった!)とアイコンタクトして頷きあったことはいうまでもない。

 

 

【読書感想】ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVII ―フォース・スクワッド・ジャム〈上〉/時雨沢恵一

アニメが絶賛放映中の、ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインの7巻を読んだ。 

 

 サブタイトルは フォース・スクワッド・ジャム。表紙は涙目のレン。表紙をめくると、レン、フカ、ピトフーイ、エムのいつもの面々に加え、意外な2人を加えた6人がずらりと並んだイラストが。えっ、こいつら?と驚きつつも、並び姿の絶妙なバランス、全員が全然別の方向を向いているのに、不思議に調和がとれているカッコよさにうっとり。何度も見直してしまった。ちなみに裏はドレスを乱してしどけなくベッドに横たわる香蓮さん。もちろん隣には愛銃P90.こちらも素敵です。

 

フォース・スクワッド・ジャム開催と香蓮のリアルにピンチが…みたいな情報は事前に入っていたので、さっそく読み進める。実際、香蓮のピンチって、作風からもキャラ的にもSAOよろしくリアルの命がうんぬんなんてことにはならないだろうし、色恋沙汰か家族バレでもしてGGOをやめさせられそうになるかの二択だと思っていた。これはどちらもいかにもありそうでしょ?

 

この予想が当たったのかは実際に読んでいただくとして。

 

今回も、有力な面々は軒並み参加。レンたちLPFM、SHINC、MMTMの優勝候補トップ3に加えて、6巻で大活躍したT-S、SJ1から参戦の古参で、今回奇跡の進化を遂げた(どんな進化なのかは実際に以下略)ZEMALといった有力チーム、あまり見せ場はないものの名前は出ているTOMS、ニューソルジャーズなどのチームも。そして今回初参戦のチームも。その中にはもちろん、今回のメインとなる敵も含まれるわけだけど、7巻の時点ではDOOMという新参チームが登場した。

 

このDOOMの戦い方が傑作で、ゲームならではというか、かなりふざけているんだけど、実際敵対したら恐ろしいことこの上ないというトンデモ作戦を決行してくる。レンたちはこの猛攻をしのぎ、生き残ることができるのか…というところまでで7巻は終わり。

 

真の敵との戦いはどうなるのか、香蓮はリアルでのピンチを回避できるのか、ピトさんは今回普通に共闘してくれるのか、特別ルールはどんな場面で生きてくるのか、そして8巻はいつ出るのか、など疑問と興味は尽きないのだが、一番気になっているのは新メンバー2名のこと。せっかくチームに入ったからは、どこかでそれが意味を持ってくる展開になると思うのだけど。

 

ともかく、8巻がなるべき早く出ることを祈っている。

 

 

 

 

【アニメ感想】銀河英雄伝説 Die Neue These 第9話

ジェシカ・エドワーズが先生をやめて政治家になったり、ヤンが辞表を提出したり、ヤンとユリアングリーンヒル親娘と食事をしたり、フレデリカが頬を染めたりした回。

 

ジェシカ・エドワーズは原作全体でみれば序盤の序盤に登場する人物で、正直あまり印象に残っていなかった。なんとなく、政治家になって民衆の前で朗々と語り上げる女傑、女活動家のようなイメージだった。今回のアニメでは(前回はどうだったか覚えていないけど)、学生時代の屈託なく笑っていた表情なんかを描写されていて、ガラッと印象が変わってくる。この人も戦争に運命を狂わされた人の一人だったのだなあ。あの日、ヤンがもし在宅していたら、二人でどんな話をしたんだろう。

 

議会のシーン。反戦派が理とデータをもって説得にかかるも、議長の「100日以内に画期的な戦果があれば支持率が15%上がるというデータが…」という言葉にやんややんやの大喝采で一気に開戦に傾く政治家たち。今となっては、あまりにもバカバカしいというか、単純化しすぎの感ありありなんだけど、少子化問題に何十年も手をこまねいてここまで事態を悪化させてしまった現実の政治の世界も、つきつめればこんなものだったり。

 

退職願いを出すも、うやむやにごまかされるヤン。ヤンって、仮に歴史家になったとしても、軍で上げたような華々しい戦績どころか、並程度の業績もあげないで終わりそう。なんとなく、外向きに発信するというよりも、自分の好きなことを調べたり自分用にまとめたりしてるだけで納得してそうな気がする。本人もそれで満足だろうし。

 

それにしても、戦争のおかげで技術者不足だとはいえ、この高度に発達し、道路を無人タクシーが走り回る宇宙時代でも、人為的なデータ入力ミスで何時間も交通がストップするようなことがあるとは恐ろしい。きっと、入力を置け負った会社も人手不足で2次請け3次請けに出していたに違いない。

 

後半ではグリーンヒル親娘とヤン親子の偶然の会食イベントが勃発。パパ・グリーンヒルさんの「ヤン提督、結婚は?」という質問に、思わず頬を赤らめるフレデリカさんかわいい。しかし、自分だったら外でばったり上司とあっても、一緒に食事したいとは思わないなあ。たとえかわいい娘さんが一緒だったとしても。