怒られる男の日記

もう少しうまくなってから練習するブログ

イクメン敗北者はどこにいる?

私は、家事育児にそれなりに参加、貢献していると思っている専業主婦の夫です。 でも、はっきりいって、達成感、満足感はありません。妻から感謝されることもありません。 なんでうまく行かないんだろう。なんで妻を幸せにしてあげられないんだろう。どうし…

全体管理者(妻)と部分管理者(夫)の衝突

久しぶりに「専業主婦の夫」シリーズです。 過去の記事はこちら 専業主婦の夫は、結局何をどこまでやればいいのか? - 怒られる男の日記 専業主婦の夫が家事育児を本気でやる難しさについて - 怒られる男の日記 専業主婦の夫の家事育児「参加」条件 専業主婦…

育児の引継ぎ資料が欲しい理由

srdk.rakuten.jp 先日、上の記事に「これは欲しい」という趣旨のブックマークコメントをつけたところ、たくさん星をいただきました。たぶん同じように「欲しい」と思っている方でも、その理由や要求レベルは千差万別だと思うので、自分の場合はなんで育児(…

妻とのギャップまたは幸福の測り方について

先日、また妻とケンカしてしまった(というか90%は自分が怒られた)わけですが…。一応発端を申しますと。 娘(年長さん)が、幼稚園のイベントで、一泊のお泊りをしてくるということがあったのです。本人ドキドキワクワクちょっと不安ながらも、無事楽しく元…

専業主婦の夫が家事育児を本気でやる難しさについて

専業主婦の夫シリーズの第2弾です。前の記事はこちら okorareruotoko.hatenablog.com 専業主婦の夫の立場で、家事育児にも極力参加しようとした場合に発生する問題点をまとめてみます。 ちなみにこの記事を書いているのは以下のような人間です。 ・仕事も家…

焼き土下座ができなくて

本来できるはずなのだ……! 本当にすまないという気持ちで………胸がいっぱいなら……! どこであれ土下座ができる……! たとえそれが…… 肉 焦がし……骨 焼く………鉄板の上でもっ……………! 焼き土下座とは (ヤキドゲザとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 ブログのタイトルど…

専業主婦の夫は、結局何をどこまでやればいいのか?

家事や育児についてのブログをよく見ますが、「専業主婦(夫)」「共働きの夫(妻)」「シングルマザー(ファザー)」の方が書かれているものがほとんどです。なにか欠けていますよね? そう、「専業主婦の夫」という立場から書かれたものがほとんどないので…

怒らない人を結婚相手に選ぶ難しさ

headlines.yahoo.co.jp 長い時間を共にする結婚相手に、細かいことでいちいち怒る人を選ばないほうがいいっていうのは当然だと思うけど、それっていうほど簡単じゃなないよなって話です。 人は我慢できる生き物である 上の記事で書かれている事例の場合は、…

育児の決断コストが高すぎる問題

自分たち夫婦は育児に向いてないな、と思うことがしばしばある。その中の一つが、しょうもないことに何時間も費やして議論して、結局喧嘩して、大した結論も出ずに終わったような時だ。 家事にしろ育児にしろ、日々小さな決断の連続で、それをいちいち大論争…

「ママあるある」が「パパあるある」にならない理由

育児ブログやまとめサイトなんかを読んでいると、ちょっとした失敗談なんかが「育児あるある」として、ママ同士で共有、共感されているのを見る。同じようなことが自分にもあるのだが、どうしてか自分が同じことをやっても「パパあるある」にはならず、ガチ…

罪(ごはん)と罰(おやつ)

先日、家族で公園にいったときの話。 昼前に到着し、まず食事をしてから遊ぼうということで持参したおにぎりやおかずを広げて食べ始めた。おしゃべりしながら楽しく食べていたが娘はおにぎりを完食できず、二口分くらい残してしまった。我が家ルールでは(大…

真実はいつも一つ

妻と話していて、赤ちゃんが生まれたばかりのママ友さんの話題になった。そろそろ赤ちゃんを自転車に乗せたいという話のようだった。 妻「でも、今は子供用の席が前しかなくて、そこには上の子が座ってるんだよ」 私「うん」 妻「だから、子乗せ自転車を買い…

味のない肉じゃがの夜

ある夜、娘を風呂に入れようとしていたところ、 「実は…」と妻が切り出してきた。 「実は、肉じゃがにしょうゆを入れ忘れた!」 「だから味がない!」 結構なテンションで、半笑いのような表情で言ってきたので、自分も合わせる感じで対応した。 「まじで?…

妻に学ぶ、人を追い詰める7つの会話術

この間、久しぶりに妻に本気で詰められて精神的に危うい感じになってしまった。こういう時の妻の会話テクニックは、警察の尋問とかにも通じるところがある(ドラマ知識)。なんか過去に特別な訓練を受けたのではないかと思うほどだ。おそらく、人を追い詰め…

残業したら悪いのか?

基本的に私の仕事は残業はほとんどなく、定時にちょっと毛が生えたくらいの時間(っていうのか?)には帰宅している。家で娘をふろに入れて寝かしつけをしなければいけない私にはありがたい話である。 実は、以前の職場では帰宅時間は1時間遅かった。ただそ…

ミスの判定が厳しすぎる

風呂場と脱衣所の窓は基本的に換気のために開放しているのだが、冬の間は寒いので閉めていた。そろそろ暖かくなってきたので、また開放しようと妻がいったのが先月末のこと。 この作業については、人の動きとしては最後に風呂に入る人=妻が風呂上りに行うの…

1/3≒0なのか

世の中的には、家事や育児の負担は妻に集中しており、夫はやらないかちょっと手伝うだけというイメージが強い。実際にそういう家族もあるだろうし、そうでもない家族もあると思うのだが、人には固定観念というものがある。自分のリアルな状況はどうあれ、誰…

奉仕の時間・その1

妻は睡眠障害ぎみのところがあり、寝るときに薬を飲んだりしている。以前、眠れるようにするにはどうすればいいかと私なりに調べた結果、体の末端部分をマッサージして血流をよくしてやると、眠りに入りやすくなるということだったので(本当かどうかは謎)…

子は親をまねるもの

私はあまりにもいつも怒られているので、つい「はいはい、俺がわるいんでしょ」的な発言をしてしまうことがしばしばあるのだが、最近娘がそれをまねるようになってしまった。 私や妻に怒られた時に、「ぜんぶわたしのせい!もうやだ!」とむくれるのである。…

家事育児参加と寄り添う気持ちのトレードオフ

このブログはもともと、日常の理不尽怒られネタを淡々と書くメモ帳のようなつもりで始めたのですが、はじめてみるとやはり他の方の記事が気になって、コメントなど残してしまったり、そこから派生して、補足記事を書いていただいたりもしました。ブログ的な…

恐怖の通院

妻は色々と体調面、メンタル面などで調子が悪いことがあり、かなりの頻度で通院している。そして、なぜか、行く先々で医者と揉めて匙を投げられたり、ケンカして帰ってくる。大体想像はつくのだが。 それはさておき、不安だからとか味方が欲しいからとか、内…

仕事と私(俺)のどっちが大事なの?

少し前の話になるのだが、テレビドラマを見ていて、ヒロインの女性が仕事のため婚約者とのデートをすっぽかすというシーンがあった。 ヒロインは見事に事件を解決し人を救ったのだが、間の悪いことにこの日は婚約者の両親と会食をする日だったらしく、結果的…

おにぎりをいつ買うのか問題

明日妻、娘、娘のお友達、そのママの4人で公園にいくのだという。公園といっても、近所の小さなものではなく、花見シーズンともなれば数千人単位の人手がある大きな公園である。 それはいいね、楽しそうだね、といったところ、妻は浮かない顔をしている。 …

子供を叱ること

今日は、子供の叱り方について怒られた。子供がなかなか歯磨きや風呂に入ろうとしないので、私は理屈を説いてわからせようとした。早くしないと寝る前に絵本読めないよ、とか、明日の朝起きれなくてプリキュア見られないよ、とか。それを見ていた妻がしびれ…