怒られる男の日記

もう少しうまくなってから練習するブログ

子供を叱ること

今日は、子供の叱り方について怒られた。

子供がなかなか歯磨きや風呂に入ろうとしないので、私は理屈を説いてわからせようとした。早くしないと寝る前に絵本読めないよ、とか、明日の朝起きれなくてプリキュア見られないよ、とか。

それを見ていた妻がしびれを切らし、早くして!と娘を怒鳴りつけた。娘は泣き出し、そのどさくさで私が風呂に入れたが、妻は不満だったようで、あなたがきちんと叱って欲しかったと言った。

そのあと、私が、パパは怒っているわけじゃないよ、と娘に言っているのも気に入らなかったようだ。

だが、自分なりに考えてのことで、怒っているわけじゃなくてあなた(娘)自身が困るから言っているんだ、という意味で言ったのであって、別に甘やかしたわけではないのだ。

さらに言えば、育児に関して、どこでどうやって怒るかは個人のタイミングであって、その時なりの自分の思いというものがあるので、それを頭ごなしに言われれば腹も立つ。

反論したところ、あなたはすぐ言い訳ばかりする!と言われてしまった。意見を言ったまでで言い訳とは思わないのだが。