怒られる男の日記

もう少しうまくなってから練習するブログ

【アニメ感想】SAOオルタナティブ ガンゲイル・オンライン 第9話

ぎゅうぎゅうに詰め込まれて忙しかったけど、面白かった。

 

原作既読の感覚で、なんとなく今回でピト無双、次回でレン無双かと予想してた。ところが実際にはピトさん、ものの5分くらいでほぼ任務完了してたのでビビった。と思ったら最後のモブ2人の友情シーンを意外とじっくり描いていたりして、え、ここそんな重要なアレか?とか感じつつ。

 

ピトさんの活躍シーンはもっと悪魔的な感じに演出されるかと思いきや、音楽も含め軽やかで、サクサク感が印象的。原作読んだ時には、壁に敵の頭たたきつけて殺すところのインパクトが強かったけど、そのシーンは一瞬で終わってしまった。

 

後半ではレンとフカのドームでの戦い。草原フィールドから頭半分だけのぞかせてる二人が可愛かった。そしてスモークグレネードによる大乱戦ではレンが動きまくり、撃ちまくりで最高。敵の頭に銃を突き付けて誤情報を流すよう要求するも、断られた瞬間食いぎみに引き金を引くレンの思い切りの良さというか、プロフェッショナル感すら漂わせる仕事人ぶりが素晴らしい。

 

それから、フカがセクハラ男を銃で撲殺するシーン。実はここ、かなり楽しみにしていた。というのも、このシーンの演出で、フカのALOでのアバターをスタンドみたいな感じに描写してくれないかなってのを期待していたので。ところが残念ながらそんな演出はなく、謎の花を背負いながらポーズ決めて終わってたけど。「妖精であることをやめたのさ」って言っときながら、その10分かそれくらいあとに「妖精さんをなめるな!」って、フカというか美憂の自由さがすごい。

 

 そして最後に登場したクラレンス。今回はさほどでもなかったけど、徐々に存在感が大きくなってきて、最新刊ではかなり重要な役割を担うに至っていた。次回活躍するであろうシャーリィと合わせてぜひ覚えておいてほしい