怒られる男の日記

もう少しうまくなってから練習するブログ

【読書感想】夜の床屋/沢村浩輔

沢村浩輔さんの「夜の床屋」を読んだ。表題作を含む6つの短編とエピローグが収録された連作短編集だ。

 

夜の床屋 (創元推理文庫)

夜の床屋 (創元推理文庫)

 

私は連作短編集というやつが大好きだ。独立した短編のように見えた作品群が、すべて通して読んだときにまた隠された意味が明らかになる、みたいなやつだ。長編と短編のいいとこどりというか、一粒で二度おいしいというか、お得な気分になれる。個々の短編はいまいちだったとしても、最後に「そうだったのか!」があるだけで評価はググっとあがる。

 

しかし、この「夜の床屋」に関しては、最後に全体にかかる種明かしがあったところで納得度がダウンするという稀有な体験をした。え、そこつなぐの?この短編集にその要素いらなくね?という感じだったのだ。

 

まず表題作の「夜の床屋」は、大学生の僕(佐倉)と高瀬が、山道で迷うシーンから始まる。やっとたどり着いた無人駅で夜を明かすことになるが、真夜中に明りのともる理髪店を見つけていってみると、そこで奇妙な体験をすることになる…という話だ。なんで床屋が夜中にやっているのか?という答えに対して店主が説明をしてくれて、一応納得するのだが、後日思わぬ事実が明らかになる。結末自体は突飛な印象を受けたが、伏線がしっかり張られていて、謎解きの満足度は高かった。

 

「空飛ぶ絨毯」は、イタリアに立つという女子学生・八木さんのもとに、佐倉を含む友人が集まってお別れ会をするのだが、それから程なくして八木さんは死んでしまう。彼女の死に不信を抱いた佐倉は、生前彼女が語っていた不思議な出来事を思い出す…という話。寝ている間に、ベッドの下に引いている絨毯が盗まれるという謎すぎる出来事に、悲劇的な真相が隠されていた。

 

どの短編をとっても、不思議な出来事に少々強引な結末が付けられているものの、伏線の描写や説明が確かなので納得させられる。ミステリとしてすごく巧みな印象を受けた。

 

がらりと印象が変わるのが「人魚姫を売る男」という短編で、これはいわゆる作中作のような扱いになっている。外国を舞台にした、完全にファンタジー要素が入った短編だ。これ単体では、非現実的な内容ではあるものの、作品内では完結しているし話としても面白い。

 

ただ、他の短編を含む作品全体を結びつける要素として、このファンタジー要素を使っているので、「え?そこでつなぐの?」となった。もちろんそれが悪いというわけではないし、それで作品全体の印象がひっくり返るほどのインパクトがあればすごい傑作だと思うが、そこまでではなく、ふわっとした「ちょい足し」なので、わざわざそれ入れる必要あったかなあ?と思ってしまった。

 

とはいえ、それぞれの短編はよくできているし、全体を貫く糸についても斬新な試みではあるので、すごく面白い作品だったことは間違いない。同じ作者の作品をまた読んでみたい。